複数接続

SoftEther VPN に関するご質問はこのフォーラムにお気軽にご投稿ください。
Post Reply
ramda
Posts: 4
Joined: Sat Apr 03, 2021 7:08 am

複数接続

Post by ramda » Sat Apr 03, 2021 7:18 am

VPN Gateサーバに接続するとき、仮想LANカードを複数用意すると、同時に複数台接続できてしまいます。
サーバ:A  仮想HUB:VPNGATE  仮想LANカード:VPN
サーバ:B  仮想HUB:VPNGATE  仮想LANカード:VPN2

まずAにつなぎ、次にBにつなぎます。
Bを切ると普通にBだけ切れますが、Aを切るとBも切れてしまいます。
これはクライアント~A~B~サーバという直列の形になっているのかと思いきや、IPアドレスを確認するとAのアドレスになっています。
正しくはどのような形になっているのでしょうか?
また、このようなことができるようにしてある目的というか、どのような用途でこのようにするのか教えていただければと思います。

そもそもなぜこのようなことをしたかというと、AとBにつないでおいて、どちらかが切れてももう一方につながっていられるようにしたかったからです。
しかしこのやり方ではAが切れるとBも切れてしまうので、間違っているということになります。
正しいやり方があれば教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

eddiewu
Posts: 72
Joined: Wed Nov 25, 2020 9:10 am

Re: 複数接続

Post by eddiewu » Sat Apr 03, 2021 3:12 pm

Aに繋いでいると、宛先がローカルネットワーク以外のトラフィックは自動的にAに送信されます。これは「デフォルトゲートウェイ」といいます。
このタイミングでまたBに接続すると、BへのトラフィックもトンネルAを通ります。なので「Aを切るとBも切れる」ということになります。

もちろんBにもデフォルトゲートウェイが存在します。ではなぜこういう二重接続の場合、外部アドレスがBではなくAなのかというと、Aの使っている仮想LANカードの優先順位がBの仮想LANカードより上だからです。LANカードの優先順位(メトリックという)はシステムから配布されていて、どのような仕組みで決められたのは知りませんが、Windows 10では「Get-NetIPInterface」というPowerShellコマンドで確認できます。
例えば以下のテーブルによると、IPv4においてVPN2のメトリック(1)はVPNのメトリック(35)より小さいから、VPN2が優先されるということです。

Code: Select all

PS C:\Users\eddiewu> Get-NetIPInterface

ifIndex InterfaceAlias                  AddressFamily NlMtu(Bytes) InterfaceMetric Dhcp     ConnectionState PolicyStore
------- --------------                  ------------- ------------ --------------- ----     --------------- -----------
16      Local Area Connection* 1        IPv6                  1500              25 Disabled Disconnected    ActiveStore
64      VPN2 - VPN Client               IPv6                  1500              35 Disabled Disconnected    ActiveStore
11      Ethernet                        IPv6                  1500               5 Enabled  Disconnected    ActiveStore
13      VPN - VPN Client                IPv6                  1500              35 Enabled  Disconnected    ActiveStore
1       Loopback Pseudo-Interface 1     IPv6            4294967295              75 Disabled Connected       ActiveStore
16      Local Area Connection* 1        IPv4                  1500              25 Enabled  Disconnected    ActiveStore
64      VPN2 - VPN Client               IPv4                  1500               1 Enabled  Disconnected    ActiveStore
11      Ethernet                        IPv4                  1500               5 Enabled  Disconnected    ActiveStore
6       Wi-Fi                           IPv4                  1500              45 Enabled  Connected       ActiveStore
13      VPN - VPN Client                IPv4                  1500              35 Enabled  Disconnected    ActiveStore
1       Loopback Pseudo-Interface 1     IPv4            4294967295              75 Disabled Connected       ActiveStore
Aを通らないでBに接続するには、AのデフォルトゲートウェイからBの抜け道(ルート)を作る必要があります。
例えば、
Bのアドレス: 100.200.0.1
ローカルルーターのアドレス: 192.168.1.1とします。
以下のようにルートを追加します

Code: Select all

route add 100.200.0.1 192.168.1.1
ルートを削除する(元に戻す)には

Code: Select all

route delete 100.200.0.1 192.168.1.1
ただし、管理者としてコマンドプロンプトをオープンし、実行する必要があります。

cedar
Site Admin
Posts: 1592
Joined: Sat Mar 09, 2013 5:37 am

Re: 複数接続

Post by cedar » Mon Apr 05, 2021 10:41 am

> このようなことができるようにしてある目的というか、どのような用途でこのようにするのか教えていただければと思います。

SoftEther VPN は、VPN Gate 用のソフトウェアではないので、VPN Gate 利用時には特に意味のない機能もあります。

Post Reply