SecureNAT(VirtualNAT)と仮想L3スイッチを組み合わせたルーティングテーブルについて

SoftEther VPN に関するご質問はこのフォーラムにお気軽にご投稿ください。
Post Reply
chica0111
Posts: 5
Joined: Sat Aug 24, 2019 5:46 am

SecureNAT(VirtualNAT)と仮想L3スイッチを組み合わせたルーティングテーブルについて

Post by chica0111 » Tue Dec 08, 2020 11:50 am

クラウドサービスのプライベートアドレスに接続を行うため、SecureNATを使用しました。
その際に……

物理ネットワーク(拠点)
↓ローカルブリッジ
仮想HUB(拠点用)
↓仮想L3スイッチ
仮想HUB(クラウド接続用)
↓カスケード
仮想HUB(クラウドサーバー内)
↓SecureNAT(VirtualNAT)
クラウドサービス内ネットワーク

という経路でネットワークを作成し、仮想L3スイッチにはクラウド側の
ローカルセグメントへのルートを手動で記載しました。

その際に、SecureNATには特にルーティングテーブルを作る機能が無いのにもかかわらず
クラウドサービス内に接続ができましたが、仮想NAT機能では自動的に仮想L3スイッチのルーティングテーブル
を見てルーティングを決定するという認識で間違いないでしょうか。

以上となります。

cedar
Site Admin
Posts: 1552
Joined: Sat Mar 09, 2013 5:37 am

Re: SecureNAT(VirtualNAT)と仮想L3スイッチを組み合わせたルーティングテーブルについて

Post by cedar » Wed Dec 09, 2020 12:07 am

仮想NATはLAN側のルーティングには対応していないと思います。

ソースコードを見ても、宛先IPアドレスが直接到達可能かを確認せずにARPテーブルを参照しているように見えます。
https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEth ... al.c#L8740

Post Reply